長距離の引っ越しはプランが重要

引っ越しの料金は、時間制と距離制に分かれています。これは、法律上で決められているため、引っ越し業者が勝手に変えることはできません。

 

具体的に、どのように決まっているかと言いますと、移動先が100キロ未満であれば時間制で料金を決定し、100キロを超える場合は、距離で料金を決定するというものです。

 

つまり、移動距離が長くなり、飛行機を使用する必要が出てきた場合などは、かなり高額な引っ越し費用が請求されることになるでしょう。

 

とはいえ、様々な引っ越し業者では、長距離の引っ越しがお得な価格で利用できるよう、様々なプランやキャンペーンを開催しています。

 

そういった、割引を上手に活用すれば、引っ越し費用を抑えることが可能となるでしょう。

 

しかし、更に引っ越し費用を抑えたい場合は、どうしたら良いのでしょうか。それは、引っ越しプランがカギを握っているといえそうです。

 

 

 

まず、単身の引っ越しについてですが、荷物の到着日にこだわらないのであれば、混載プランがかなりお得です。積荷が一杯になるまでは出発とならないため、使わない荷物をお願いした方が良いですが、便利だと言えるでしょう。

 

それから、繁忙期に引っ越し業者を利用する場合は、プランの内容を細かく確認するようにしたいものです。口約束はしたものの、契約書には記載されていなかったため、引っ越し当日トラブルにまで発展することも少なくありません。

 

特に、何らかのサービスや特典を付け加えて貰えた時は、詳細について書面で残してもらうようにしましょう。

 

 

 

その他のプランとしては、コンテナを利用して引っ越しをするプランもあります。荷物が移動するまでに数日時間が掛るため、その間旅行を楽しむ人もいるようです。

 

フェリーや飛行機を使って荷物を運ぶことを考えると、引っ越しの費用を抑えることができますので、上手に活用することをおすすめします。

 

ただし、荷物の積み替えがあるため、厳重に荷物を梱包しないと、傷が付いたり壊れてしまうことがありますので注意しましょう。

 

 

 

他には、新居で出来るだけ早く荷物を受け取りたい人向けの、チャーター便のプランも人気があるといえそうです。料金は高めですが、コンテナとは違って荷物を積み替えることがないため、安心だと言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る